座布団
09日 4月 2021
新商品です。 これも野口シートさんに委託製造してもらう事になりました。N-VANの助手席シート座面の形状に合わせたサイズにしてあります。 市販品を色々と試しましたが、安いものは柔らか過ぎて底付きするものが多く、満足なものがありませんでした。 現在のところは最強のシートクッションではないかと思います。 運転席や後席にも使用できます。 性能はラリーレイドで実証済です。

新アームレスト
30日 3月 2021
N-VAN用アームレストに新シリーズが加わりました。 バイクシートで有名な 野口シートさんの協力で商品化しました。 N-VANでパリダカに出場しても肘は痛くならないでしょう(たぶん)

25日 3月 2021
一週間の入院治療より復帰しました。在庫が枯渇しておりますので、また頑張って作ります。新商品も開発中ですご期待ください。
クッキングストーブ
30日 12月 2020
以前から気になっていたのですが、 コンパクトなタイプで新色(フィールドグリーン)で且つ安価なのが出ていたのでえいやっと、購入しちゃいました。まずは石焼き芋でも挑戦しますか!         

28日 10月 2020
後席用のヘッドレストを邪魔にならない場所で保管する事を目的として考案したのですが、現状はユーティリティナットを使用する荷室の上段に装着する方法で販売していますが、28㎜パイプがある場所であればバックドアやベッドフレームに取付る事も可能です。 type2 として前席のヘッドレストも置けるように孔数を増やしました。

28日 10月 2020
今日、10月28日に大人の遠足と言う事で前から行ってみたかった福井県の年稿博物館へ日帰りで行ってきました。 で、何があるのかと言うと、地層の年輪なんですが、要約すると近くにある水月湖の湖底をボーリングして地層を標本化したものがあるのですが、湖底下45mで7万年分が1年ずつの層として確認できるのは世界でここだけとの事、この層毎のC14を規範とする事で世界中の発掘物の年代測定精度が飛躍的に向上する。という世界標準化を記念して建てられた博物館です。 展示物はシンプルですが、過去7万年を45Mの長さの地層ですべて把握できてしまうのは奇跡でしょうね

17日 10月 2020
業務用に伝票類の一時保管ケースを作ったのですが、一般向けに小物入れやゴミ箱として利用できるようにアレンジしてみました。取付場所は同じですが、横幅を広げて容量を増やし杉板の削り出しで蓋を用意しました。

17日 10月 2020
純正オプションでシートアンダートレイ(定価13200円)があるのですが、収納量がトレイの域を出ないのでギリギリまで容量を確保できるBOXを作成しました。

06日 10月 2020
従来品の在庫が無くなったので、補充するにあたり 仕様を見直しコストダウンを図りました。N-VANはコンソール等の奥行が無く、書類等を保管するにはオーバーヘッドコンソールに頼る必要がありますが、普段見えないとブラックホール化する可能性がありますので、書類は手元に置きましょう。もちろんゴミ箱でもOKです。

03日 10月 2020
メーカーの用意したヘッドレストの保管場所は荷室の右サイドなんですが、ヘッドレストを外す目的は荷室スペースの拡張なんで そこは邪魔でしょうと言う事で無難なのは天井付近だろうとユーティリティナットを使用した。ホルダーを企画しました。28㎜パイプにクランプ固定しますので、パイプがあるところであればベースプレートの移設は可能です。

さらに表示する